お客様に答えを委ねないで

お客様だけが、真の答えを知っている。

そう思いますか?

では、真の答えとは何ですか?


・アンケートで、お客様の声を聞く


という事を、とあるサロン様に伺ったことありますが、それは、ニーズを探る為だと思いますか?


目的にもよりますけれど、「見込み客がお店へ抱く期待感」を高める為でしょうか。

また、「安心感と、まだ見ぬものへの信頼を得てもらう為」とでも言いましょうか。


いずれにしましても、お客様に感動していただくサロンづくりをする為に、その答えをお客様本人に委ねないで下さい。

かつて、自動車王と言われた【ヘンリー・フォード】は、こう述べています。


もし顧客に、彼らの望むものを聞いていたら、彼らは『もっと速い馬が欲しい』と答えていただろう。

お分かりですか?

これが、真の答えを委ねてはいけない理由です。


プロとして、巷にあふれている「ノウハウ」「ハウトゥー」は、素人の為にあるものです。


我々、【師業】を行うプロの為ではありません。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。 それは、【診断する】という事を意識する事。 すると、美容師に【威厳性】が生まれます。 勿論、分かりやすく説明する必要があります。 『インフォームドコンセント』と言うことになります。 現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。 と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。 そ

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格