どの的をどう射るか?クリティカルシンキングしませんか?

最終更新: 2020年7月18日

緊急事態宣言が解除になり、一気にお客様がご来店くださっている事と思います。

更に、衛生管理上、入店制限や短縮営業なども加わり、予約表はパンパンになっているのではないでしょうか?


しかし、事実、安定したサロンさんは繁忙期も閑散期もありません。

私の先生のお店も、私のお店も繁忙期も閑散期もありません。

ずっと同じです。

既存のお客様も新規来店数も一定です。


状況によってパンパンになったりポロポロだったり、その時々の対応策を打って波を平(なら)すのは、元来、狙うべき的ではありません。

『いや〜、PPCやDRMで集客できてよかった」と喜んでいる場合ではありません。

【狙うべき的がズレていますよ】

MEメッセージのベネフィットを伝えていらしたご新規客は、こっち都合でいらした方だからリピート率も低いです。


狙うべき的とは、【閑散期も繁忙期もない店作り】です。


『ずっと、いい感じにパンパン』でもいいし、『1日の対応数と値決めで単価をコントロールして、売上のアッパーを決めて数より質に重きを置いた運営をする』でもいいです。


※私のお店は、後者です。

お昼も12時から食べたいし。


すると、次回予約の必要性も出てますし、カウンセリングの質も向上させて(診断)→(提案)→(処方)→(施術内容確認)→(次回予約・会計金額確認)の流れが施術前に完結してしまいます。


※カウンセリング時に、『そろそろシャンプーがないですね?』など会計総額の話を伝えます。私は、この一連の流れも何十回とテストしました。


どのタイミングで何をするのか?

今の流れでいいのか?

もう一度、クリティカルシンキングしませんか?

そして、行動しませんか?


かのアインシュタインは、こう述べています。

『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。

貴方にしかできないことは、まだまだあります。

まだ見ぬ明日を作るのは、貴方自身です。



19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。 それは、【診断する】という事を意識する事。 すると、美容師に【威厳性】が生まれます。 勿論、分かりやすく説明する必要があります。 『インフォームドコンセント』と言うことになります。 現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。 と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。 そ

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格