やらない事を決めましょう

最終更新: 2020年7月18日

皆様のサロンでも、COVID-19に対して衛生法規をベースに様々な対策を講じていると思います。

やることが増えて『そこまで、やってられないよ〜』という声が聞こえます。

でも、ダメです。

やるべき事は、やらないと。


私も、京都の『のりこ美容室』前田秀雄先生の対策を学んで、自店に導入しております。

今日の話は、COVID-19に限らない事です。

タイトルにある通り、やらない事を決めましょう】という事です。


自店の資産を無駄なく運用して、最終的に利益率の向上をさせる。

そこに不適切な『時間、資金、労働、意識』は、いったい何か?


難しく聞こえますが、KSFが明確ならば、それ以外は、全部無視!

これだけです。

仮に、利益率を10%上げるとしても…


・「単価」なのか?

単価ならば施術か?店販なのか?

・新規集客で「全体の客数」アップなのか?

・既存客の「来店サイクル」アップなのか?

・もしくは、全体(単価、客数、来店サイクル)を3%ずつ上げて、利益を2倍にするのか?


その為に…

・ボトルネックを改善するのか?

・集客媒体の選定は?

・変動費の見直しなのか?

・高単価な新メニューで、消費マインドを刺激するのか?

・既存メニューならば、抱合せのセットメニューづくりなのか?

等々、ウィークポイントを洗い出して改善させつつ、強みを強化する。


自店の状況を、可能な限り俯瞰した見方で見つつ、「単価×客数×来店サイクル」を5点評価で計算して、ウィークポイントを数値化する意識をすると、強化するべき点といらない点が見えてきます。


(例)

①単価(2)×客数(4)×来店サイクル(3)=24点


②単価(4)×客数(3)×来店サイクル(3)=36点

コロナ騒動で、やるべき事は増えました。

だからこそ、やらない事を適切に判断して、タスクのスリム化をしましょう。



13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増