オークションよりクオリティー

最終更新: 2020年7月17日

たまにはWEBの話も

これからの時代、人口減(お客様も労働人口も)が進む中で、店舗数は無闇に増えています。まさに、異常事態です。

そこへ、コロナの影響で担当数を減らすという策を講じている店舗様も多いと思います。


また、お客様のWEBでの店舗検索も、SEOからMEO(Map Engine Optimization)へとシフトしています。

現在、有料の検索サイト系は、お金を出したもの勝ちです。

これを、【オークションマーケティング】と言います。

下位表示は、存在しないのと同じです。

自店を検索してみると分かります。


はっきり言うと『無駄金』です。

今すぐやめましょう。


元を正せば、既存のお客様に喜ばれていて離脱しなければ、当面、店は潰れません。

逆に、既存のお客様が満足されないサロンに、いくら新規のお客様を呼んでもリピートは無いです。

自ら、悪い噂を広めているだけです。(実際には、悪い噂もないです。存在自体がなくなるので、話題にすらなりません。)


それ(SEOや、検索サイトなどで上位表示させるオークションマーケティング)よりも、Google MAPでの表示を強くするMEOを強化すべきです。

何より、無料というのが魅力です。

これが【クオリティーマーケティング】です。

「エリア」✖️「美容室」で、Google検索をかけてみて下さい。

あなたのお店が、Google MAPに出てきますか?


それと、MEOは掲載順位があまり関係ないですよ。

それより、MAP掲載と他店との比較対策に注力しましょう。

また、Google予約も大切です。


などなど、お金をかけなくても効果的な対策は、何とかビューティより他にもあります。


過去のデータも占有率の大きいサロン向けだし、オークションマーケティングも同じです。


だから、小さなサロンは質(クオリティー)でお客様を喜ばせるんです。

他店と戦うんじゃないんです。

戦っちゃいけないんです。


何故か?

戦うとは、同じルール同じ土俵にいるということだからです。

【独自化】という【在り方】と【やり方】が大切なんです。




18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増

029-263-5915

©2020 by ひとりぼっち美容室経営の法則。Wix.com で作成されました。