キャッシュを見直そう

改めてお話ししておきますが…


私は『マーケティングが苦手な一人サロンのオーナー様』を対象に、コンサル業務をしております。


勿論、上記の方以外でお役に立てるならば、私としては『やっていて良かったなあ』と思います。

公衆衛生学、伝染病学等を学んだ国家資格である【管理美容師の資格を有する者】として、当たり前のことを当たり前にやる。


その上で、コロナに限らず油断を排した上で、数字に集中しましょう。


今、攻め続けると言う意味ではありません。


今は、耐え忍んで守る(お客様を守る。損益分岐点を守る。家族を守る。自分を守る。など)時かと思います。


忍耐】の2字で、様々なものを『守る』事により、この先、お客様から守られます。


無闇】な動きは、【無謀】に繋がり、【無惨】な結果を招きます。


管理美容師として【守る

ただし、経営者としては、お店を存続維持させる責任があります。


当たり前ですが、経営者の一番の仕事は【お店を潰さないこと】です。


だからこそ、明確な【行動指標】が必要であり、事業計画達成の為の【KSF】の明確化が必要なんです。


そして、やらない事を決める。


だいぶ、【売上が戻ってきた】と感じる方が多く見掛けられます。


それは、世界全体の中の日本の今後を正視眼で見れていないのか?とおもいます。


煽っているわけではありません。


世界恐慌は、まだ来ていないだけだと言いたいのです。


事前に、できる事を備えましょう。


それは何かわかりますか?


企業や個人店に、共通して言える事です。


倒産する唯一の理由を防ぐ事です。


それは、


『キャッシュ』が無くなる事。

です。


経営者として、キャッシュを【守る】



23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。 それは、【診断する】という事を意識する事。 すると、美容師に【威厳性】が生まれます。 勿論、分かりやすく説明する必要があります。 『インフォームドコンセント』と言うことになります。 現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。 と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。 そ

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

029-263-5915

©2020 by ひとりぼっち美容室経営の法則。Wix.com で作成されました。