プライシング

久々のブログ投稿です。


夏季休暇を頂き


ブログもお休みしてました。


皆さんは、コロナや熱中症など


注意して、上手に過ごせてましたか?

さて、休暇明け。


初っ端の投稿は…


プライシング

いわゆる、【値決め】のお話を。


■新メニュー『ホニャララ』導入


この時、どうやって決めてますか?


・他店では¥◯◯◯◯だから

うちでは、¥◯◯◯◯かな?


・10分¥1000だから

¥◯◯◯◯だな!


・原価が¥◯◯◯だから

¥◯◯◯◯かな?


など、ではないですか?

まず、やるべき事は?


それは、『リサーチ』です。


可能ならば、100人には


リサーチしたいですね。


次は、何をリサーチするのか?ですが


この値段ならば、やってもいいかな


という事を聞いてください。


※ただし、プライスを3段階で質問してください。


『じゃあ、1番多くの人がやると言った値段なのか?』


『ブブーっ』❌です。


例)

■仮に、分かりやすく


原価¥500だとします。


①販売価格¥1000だと100人


②販売価格¥5000だと50人


③販売価格¥8000だと20人


というリサーチ結果が出たとします。


さあ、あなたは①を選びますか?


『全員選んだから、そりゃ①でしょ!』


と思いのあなた!


値決めを間違えてませんか?

では、解説に行きますね‼️


①=原価(¥500×100=¥50000)

  売上¥100000-¥50000(原価)

利益¥50000


②=原価(¥500×50=¥25000)

  売上¥250000-¥25000(原価)

  利益¥225000


③=原価(¥500×20=¥10000)

  売上¥160000-¥10000(原価)

  利益¥150000


さて、どれを選ぶべきですか?


もう、お分かりですね。


これが、正しいプライシング‼️


【値決め】の方法です。

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増

029-263-5915

©2020 by ひとりぼっち美容室経営の法則。Wix.com で作成されました。