メッセージは一人称で

ご紹介する話は、あまりにも有名な話なのです。

しかし、どうやったら自店に転換出来るか?は、とでも簡単ではありません。

是非、ご自身でお考えください。


では、始めます。

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の復活劇から見る、ペルソナの重要性です。


ポイントは…

①設定が明確になっている。

・子供を持つ父親

・子供がまだ小学生以下

・子供は、女の子

②不安を煽る

・いずれ子供は、親元から離れる

・あと何回来場できるか?

 ※親離れの悲しみと、一緒に居られる楽しみは有限であるという事を大切にする親心を揺り動かす。

③期待を持たせる

・来場すれば、子供が笑顔になるという期待

・思い出を作れる期待

④行かない理由を排除する

・不安の排除と期待の明確化で、行かない理由を無くす。

誰をターゲットにするのかも大切です。


家族連れは、基本的に3人以上が多いはず!


来場目的が、CMで明確になっているので、財布の紐は緩んだ状態で来場する。


※食事もすれば、思い出にグッズの購入もする。

友人知人へのお土産も買うでしょう。


※マスターカードと同じで、【プライスレス】なコト【体験】への投資なので、単価が上がりやすい。


いわゆる…


単価×購入数


それぞれが上がるような手法です。


尚且つ、【あと何回、こうして来れるだろう?】という、リピート対策のメッセージも含まれてます。


秀逸だと思います。


誰も損をしないメッセージです。


ペルソナの良い参考例ですので、自店に落とし込んで見てください。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増