低返金率=魅力を伝えきれてないのかも?

今日の話は…


返金率から見る集客

という話です。

いきなりですが、当店は【お気に召さなかったら全額返金保証】を付けています。


ここ数年は、返金させてもらった方はいません。


よく聞く話…

『うちは、良いお客様に恵まれて』


このようなサロンは、あなたのお店のサービスや商品を本当に欲しがっている方のみが、集まっているお店なのでしょう。


勿論、素晴らしいことです。

ここで、もう一つの見方をしてみたいと思います。


クリティカルシンキングです。


返金率が低いのは、本当に良いことなのか?


【独自化】が成されたサロンには、あまり関係ない事ですが、一般的なサロン体系のお店には関係します。


何故か?


集客力の強いメッセージを各チャネルで発信していれば、一定の割合で『購入したけど思ったのと違う』という方がいらっしゃるはずだからです。


裏を返すと【集客しきれていない】だけとも言えませんか?


予約がパンパンで、キャパシティ的に新規が取れない状況のサロンのみ『良いお客様に恵まれて』と言えるのではないですか?


返金がないことって、本当に良い状況ですか?集客しきれてますか?


という話でした。







12回の閲覧

最新記事

すべて表示

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増

仕事は作り出すもの

いつの世の中も、人のお役に立てるものは必要とされます。 なくてはならない存在である事が大切というのは、周知の事実です。 では今の世の中は、何か必要とされるのか? 情報が溢れている時代に、何かを選択することは、大変難しいと言えませんか? 何が正しい情報なのか? どれを選べばいいのか? 人々は、困惑することも多いのではないでしょうか? そして、我々美容師は、髪を通して如何なる価値を提供しているのか?

029-263-5915

©2020 by ひとりぼっち美容室経営の法則。Wix.com で作成されました。