信用と信頼

最終更新: 2020年7月17日

私の先生、京都の「のりこ美容室」前田秀雄先生は…

・過去の積み重ねが『信用
・未来への期待が『信頼

と説いています。


ウィズコロナを生き抜く中で、『安心』『安全』こそが、最も価値のある『モノコト』になります。


また、【信用と信頼】を得るためにどうするのか?


「優しくしてあげる」

「話を聞いてあげる」

「先回りした気遣い」

「超個別対応=依怙贔屓」

などのキーワードが思いつくでしょう。


【信用】=客観性と物理的
【信頼】=主観的と精神的

初めてご来店くださったお客様から信用を得る為に大切なのは、客観的な既成事実として、見て分かる徹底した衛生対策(マクロ対応=全員)と超個別対応(ミクロ対応=個人)だと思います。


しかし、【信用と信頼】は、一見すると目には見えないものです。

では、客観的に見るために、他業種で見てみましょう。

家の目の前に「セブンイレブン」があったとします。

少し離れたところ(距離にして150mくらい)に「ローソン」があったとします。

ある日、セブンイレブンが閉店しました。

最初は、とても不便を感じるでしょう。

でも、他の離れた遠いセブンイレブンに行きますか?

恐らく、多くの方々が150m離れたローソンへ行くと思います。

これで、お分かりかと思いますが、あなたのお店でなくてはならない明確な理由がありますか?

他店でも代用が効くお店になってませんか?


この【客観的な既成事実】を積み重ねて得た【信用】が、未来を託そうとする【信頼】へと変わっていきます。

あたかも、螺旋階段を登る様に積み重なっていきます。


これは、目先の【やり方】だけを見ると、「時代に合わせて変わるべきもの」「時代に関係なく変わらないもの」が分からなくなります。


しかし、【在り方】から生まれる【やり方】という図式だと、変わるもの変わらないものの両方が、必然的に見えてきます。

これは、お客様が一番敏感に感じ取ります。


サロンワークで、プラスメニューで単価を上げる、店販を売る、リピート率を上げる、新規集客をする、全てにおいて影響して、ひいては「利益率・変動比率・人時生産性」へ影響します。


いわゆる、【儲ける】から【儲かる】への変革です。

集める】から【集まる】への変革です。

売る】から【お買い求めいただく】への変革です。


仕組み化を突き詰めたフランチャイズ店に対抗する「一人サロンの生き残る術」とは、【在り方】を見直す事にあると思います。




100回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。 それは、【診断する】という事を意識する事。 すると、美容師に【威厳性】が生まれます。 勿論、分かりやすく説明する必要があります。 『インフォームドコンセント』と言うことになります。 現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。 と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。 そ

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

029-263-5915

©2020 by ひとりぼっち美容室経営の法則。Wix.com で作成されました。