判断基準、明確になってますか?

新メニューや新商品を導入する時に、どんな考察をして決定してますか?


・これからはやりそうだから
・すでに流行り始めているから
・有名人がやっている(持っている)から
・利益率が高いから

など、様々な要因があります。


ここで、いくつかの気になる点があるので、お話をしたいと思います。

以前の記事で【PLC】(プロダクトライフサイクル 商品には寿命があります。例としてポケベルなど)のお話をしました。


理想は、業界の常識に疑問を持って(クリティカルシンキング)、自ら生み出したモノコトならば、風化される事なく、いつまでも多くの方々のお役に立てると思います。


更に、それを続ける事で深化させて【独自化】していけるでしょう。


そうなれば、他店が簡単に真似することも出来ないでしょう。


これが、ベストでしょうし、ここを目指すべきです。

では、判断基準は明確になってますか?


こう尋ねられて、明確に答えられる方は以外と少ないです。


ペルソナ?う〜ん…。


ニーズ?ウォンツ?う〜ん…。


今まで、いろんなオーナー様方にお話を伺ってきた中で、巷の一人サロンのオーナー様が気にするメジャーな要素は、【売上】と【顧客】でした。


しかし、結果になかなか反映されていませんでした。


もしくは、続かないです。


それは、大切な点を見落としているからです。


それは…【  】と【  】です。


さぁ、何だと思いますか?




16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。 それは、【診断する】という事を意識する事。 すると、美容師に【威厳性】が生まれます。 勿論、分かりやすく説明する必要があります。 『インフォームドコンセント』と言うことになります。 現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。 と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。 そ

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格