判断基準、明確になってますか?

新メニューや新商品を導入する時に、どんな考察をして決定してますか?


・これからはやりそうだから
・すでに流行り始めているから
・有名人がやっている(持っている)から
・利益率が高いから

など、様々な要因があります。


ここで、いくつかの気になる点があるので、お話をしたいと思います。

以前の記事で【PLC】(プロダクトライフサイクル 商品には寿命があります。例としてポケベルなど)のお話をしました。


理想は、業界の常識に疑問を持って(クリティカルシンキング)、自ら生み出したモノコトならば、風化される事なく、いつまでも多くの方々のお役に立てると思います。


更に、それを続ける事で深化させて【独自化】していけるでしょう。


そうなれば、他店が簡単に真似することも出来ないでしょう。


これが、ベストでしょうし、ここを目指すべきです。

では、判断基準は明確になってますか?


こう尋ねられて、明確に答えられる方は以外と少ないです。


ペルソナ?う〜ん…。


ニーズ?ウォンツ?う〜ん…。


今まで、いろんなオーナー様方にお話を伺ってきた中で、巷の一人サロンのオーナー様が気にするメジャーな要素は、【売上】と【顧客】でした。


しかし、結果になかなか反映されていませんでした。


もしくは、続かないです。


それは、大切な点を見落としているからです。


それは…【  】と【  】です。


さぁ、何だと思いますか?




14回の閲覧

最新記事

すべて表示

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増

仕事は作り出すもの

いつの世の中も、人のお役に立てるものは必要とされます。 なくてはならない存在である事が大切というのは、周知の事実です。 では今の世の中は、何か必要とされるのか? 情報が溢れている時代に、何かを選択することは、大変難しいと言えませんか? 何が正しい情報なのか? どれを選べばいいのか? 人々は、困惑することも多いのではないでしょうか? そして、我々美容師は、髪を通して如何なる価値を提供しているのか?

029-263-5915

©2020 by ひとりぼっち美容室経営の法則。Wix.com で作成されました。