前回の続き

最終更新: 2020年7月17日

前回は、『単価アップ』には『エレベーターピッチ』が必要という話でした。

今回は、『誰に』と『失客』についてです。

前回と今回で、ワンセットです。

『白井さんのお店、値上げしたんだ!』

これは、失客する時のリアクション。

『白井さんのお店、そこまでやってくれるの!』

これは、リピートする方のリアクション。


『そこまでやるなら、また来よう。次は、どうなるんだろう?楽しみ〜‼️次回は、いつ来ればいいですか?』

更に、中身が充実・深化して価値を感じていただけた場合は、一時的な減客をするものの最終的に増客します。


オリエンタルランドが、まさにそうです。


入場料を上げ続けても、来場者数が右肩上がりです。

フリーキャッシュフローが増え続けたから、コロナ渦でも自粛していられました。


誰に対しての深化なのか?

いわゆる『ペルソナ』の深掘り、明確化がより大切になります。


また、以前『デザインは、不満の解消策の結果』という話もしましたが、ターゲットが『何で悩み』『どうなりたいか?』『その為に、何が出来るのか?』を明確にしなくてはなりません。


それが無いと、ただの【値上げ】になります。


当店は、2020年7月1日から『ヘッドケア・コミット』という名前のメニューを始めました。

エイジング世代の方を対象とした、頭部(頭皮、皮脂膜、立毛筋、血流、リンパ、前頭筋、側頭筋、後頭筋)の悩みの解決メニューです。※フェイシャル〜デコルテも含めた、小顔セットメニューもあります。


いずれ、カットとセットのメニューにシフトします。

金額で『¥13000』です。

施術時間は、カット込みで90分です。


リサーチをして必要とされる悩みを調べて、そこへダイレクトなものを投下する。

話題性のあるものだと、より良いですね。

※『ヘッドケア・コミット』は、流行りのデンキバリブラシを使います。


例として、当店の新メニューを紹介しましたが、既にご予約を承って、更にデンキバリブラシを2つ販売しました。

※1つ¥198,000(税込)もするのに即決です。これは、施術体験があるからですね。


前提として、新規集客の時点で、美意識が高くて可処分所得を惜しげなく美に使う方を集客してます。


ターゲットを明確にした集客という地ならしの下準備があって、欲しいものや体験したい悩み解決などの解決法というタネを巻いて、口コミを仕掛けて集客して、ベネフィットを的確に伝えるエレベーターピッチで情報教育をし、実をならせて収穫する。それが更に口コミになる。この連鎖反応をループ化する。必然的に、リピートして高単価なメニューと高額商品を【お買い求め】頂ける。

まさに、農業と同じです。


どんな作物を作りたいか?

これを決めずに、農業は出来ませんからね‼️




17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。 それは、【診断する】という事を意識する事。 すると、美容師に【威厳性】が生まれます。 勿論、分かりやすく説明する必要があります。 『インフォームドコンセント』と言うことになります。 現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。 と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。 そ

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格