地域コミュニティ

例えば…


自店の商圏の人口が【30000人】でチラシを配布するとします。


一人サロンの広告費は、そんなにありません。

※因みに、まだまだチラシは効果ありますからね。


3〜5000枚/1回くらい(多くて1万枚)が、一般的なのかと思います。


30000人いる中で、3〜5000枚配布してもカバーし切れません。


ならば、カフェなど地域のコミュニティで6店舗くらいに声を掛けて、各店舗が同じ金額出してA4チラシを6分割して作れば、5000枚分で30000枚配布できます。


コミュニティを大切にする発想が、自店を助けることってありますよね?


地域に根差した店作りって、こういう声がけから始まると思います。

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増