女性へのアピール時のチェックリスト

更新日:2020年7月17日

以前に『女性視点のマーケティングが大切ですよ!』というお話をしました。

今日は、その続きをお知らせしたいと思います。

【女性はストーリー、男性は事実情報に反応する】

「話をする』という何気ない行為にも、男女の差が出ます。


例えば…

夫婦の会話などで、妻も知っている旦那の職場の人が「婚約した」と旦那に聞かされて、妻は『それでなんで言ったの?』というと、旦那はダンマリ…。


旦那にしてみれば…

『いやぁ〜。それだけだよ。』


妻にしてみれば…

『それだけ?他にも何かあるでしょ💢

「彼がなんて言ったのか?」とか

「彼女がなんで答えたのか?」とか

「シチュエーションは?」とかさぁ‼️

肝心なことを聞かないで

何聞いてきてんの?』

などとなります。


何故こうなるのか?

それは…

男性は「情報を伝える」ために話し
女性は「つながる」ために話す

からです。


そもそも、目的が違うんです。

(※この心理は、口コミにも関係します。)

では、女性へアプローチをする際の【チェックリスト】を紹介します。

私が、実際にサロンでPOPを作る際に使っているチェックリストです。

もちろん、他にも使えます。

是非、参考にしてください。


■12のチェックポイント


✅ストーリーを語る


✅個人的な感謝をつたえる


✅ビフォーアフターの比較


✅価値ある大義との連動があるか?


✅ユーモアがあるか?


✅褒め言葉があるか?


✅人生の節目(記念日、誕生日など)への言及があるか?


✅ライフステージ(結婚、出産など。実年齢は関係ありません)への言及があるか?


✅メニューや商品ではなく、女性を主人公にしているか?


✅安さではなく、買い物上手だと感じさせているか?


✅贅沢品(メニュー)を買う理由を与え、安心させる…(後ろめたさを取り除く)


✅理屈より、なんの役に立つのかを伝える


以上です。

サロンがアプローチしたい「メニュー」や「商品」、または「価格帯」によってもチェック項目の順番は変わります。

ご自身でアレンジしてください。

今回は、やや実践的な内容が含まれました。

何度も練り直して文章が出来たら、手書きのPOPをつくって見てください。


それを…

店内で1番滞在する時間が長く
目につきやすい場所

に貼ってみてください。


すぐに、分かりますよ。


あのセリフが聞けますから


『これ、なぁに?』って😁





11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。 それは、【診断する】という事を意識する事。 すると、美容師に【威厳性】が生まれます。 勿論、分かりやすく説明する必要があります。 『インフォームドコンセント』と言うことになります。 現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。 と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。 そ

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格