新規集客をやめると利益が増えるかも

顧客数を増やすのが目的ならば、そのまま新規集客を続けて下さい。


利益が欲しいのならば、集客に注いだ全てを既存客へ向けて下さい。

【利益】は、『売上総額』から『材料費』を引いた『粗利総額』から、『固定費』を引いたものです。

また、客数を分解すると、『上顧客』『顧客』『新規客』『新規リピート客』『失客リピート客』がいます。

それに加えて『来店サイクル』があります。

何故か?集客依存者は、『新規客』だけを見ています。

利益に影響を与える、または、利益率向上のボトルネックは、『新規客』だけですか?

そうならば、『新規客』の集客に力点を置いて下さい。

1:5の法則(新規集客は、既存集客の5倍の労力と資金が必要という指標)と言われるように、とても時間も労力もお金も必要です。

例えば、居酒屋で新規に生ビールを1杯サービスしてて、隣の常連さんは放ったらかし。

常連さんは、面白くないでしょう。

だって、店への貢献度が違いますから!


常連さんとご新規さん、あなたは、どっちが大事ですか?

あなたの店は、間違いなく常連さんで成り立っているんですよね?


コロナ渦は、客数より単価

客数を増やすより、単価と来店サイクルを見直しましょう。


人もメニューも、2:8の法則(パレートの法則。上位2割の事柄が、全体の8割を占めている)が当てはまります。


当店は、一時期、客数は減って利益が増えました。

今は、客数と利益の両方が増えました。

それも、ロイヤルカスタマー(上顧客)層が増えました。


客数が減るのは、一時的です。


具体的には…


【単価】

①セットメニュー(例/カット+スパ)

②売れ線メニューの値上げ

③新高額メニュー設置

④低額メニュー廃止

年間会員の設置


【サイクル】

診断をして次回予約を取る

新高額メニューのみ次回予約割

メンテナンスで来店機会の増加


怖がらずに、アクション‼️

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。 それは、【診断する】という事を意識する事。 すると、美容師に【威厳性】が生まれます。 勿論、分かりやすく説明する必要があります。 『インフォームドコンセント』と言うことになります。 現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。 と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。 そ

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格