最強コンビ「ついで」と「タダ」

「ついでに・・・をやりませんか?無料ですよ⁉️」

これで断る方は、少数派だと思います。

何の話かというと、単価アップの最強の手段(私の実験した中で)の話です。

「割引」なんてセコイこと言うから、断られるんです。


『タダ』でやってあげればいいじゃないですか。

そこに、魔法の言葉『ついでに』を添えると、人は断れなくなりますよ。


『でも、タダでどうやって単価を上げんだよ❗️』

という声が聞こえてきそうです💦


もちろん、このままではコストだけかかって、単価は上がりません。


ここで、【在り方】の出番です。

この『ついでに&タダ』メニューは、診断が必要なものでなくてはなりません。


そして、不安を煽るんです。

※ウソは、ダメですよ。国家資格を有する【師業】として診断をした上で、可能性として不安を煽ります。


【ポイント】

アフターカウンセリング時、お客様に診断結果をプロとして根拠を添えて説明しながら、レポートをお渡ししましょう。


すると、次回からその『ついでに&タダ』メニューをかなりの確率で、ご予約してくださいます。

その時、値段は関係なくなってます。

こちらの言い値です。

単価アップのチャンスです。

※この方法で、茨城県の田舎の湊町でも【レディースカット¥8000】頂けてます。


なぜなら、すでに価値を感じてご予約していますから。


あとは、キチンとした施術(内容を説明しながら)と、意味のある確実な結果を出すだけです。


新メニュー導入と単価アップは、毎回このパターンでやってます。


この方法も使いながら、私は9年連続昨年比120%の結果を出してきました。

※他にも、まだまだありますよ。


私みたいな、へなちょこにもできたので、皆さんにも出来ますよ。


よかったら参考にして下さい。



20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。 それは、【診断する】という事を意識する事。 すると、美容師に【威厳性】が生まれます。 勿論、分かりやすく説明する必要があります。 『インフォームドコンセント』と言うことになります。 現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。 と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。 そ

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格