パーマ屋と依怙贔屓

最終更新: 7月18日

最近、とある本を読んでます。

それは…

【老舗学】

という本です。


著者 前川洋一郎氏

1944年1月6日生まれ、大阪府出身。

昭和42年神戸大学経営学部卒業。卒業後、松下電器産業(現パナソニック)へ入社し、取締役を経て、現在老舗ジャーナリスト。     

        前川氏のHPより引用


現在、日本に明治の末年(1912年)以前に創業した老舗企業が何社あるか、ご存知でしょうか?

何と…

【24,570万社】

凄くないですか!

そのうち、江戸時代以前に創業したのが

145社(0.6%)もある!

そこで、おバカな私はある疑問が…。

『事業規模を拡大してないケースの多い【老舗】は、数の原理からして、経済の負け組なのか?』

『僕の憧れで、故スティーブ・ジョブズも好きで訪れていたとされる京都の名旅館の【俵屋旅館】も負け組なのか?違うよなぁ?』

※【俵屋旅館】さんと【のりこ美容室】さんは、どちりもHPありません。

あるのが悪いとは言ってませんよ。

私もあるし。


『ビジネス展開を大きくして、ハサミを待たなくなり、WEBを使いリストを集めて教育して集客する仕組みが正解(勝ち組)なのか?』

『速いスピードでまわすだけが経済的正義か?!』

う〜ん…

『そうか!そもそも、違うものを見ているからいい悪いじゃないんだな。けれども、このCOVID-19で感じた(学んだ)ことは、老舗も潰れなくはないが、関係性が深い老舗は【在り方】がしっかりされているから強い!』という事です。


これは【在り方】が大事だと言う最たるものです。


ちなみに、うちの場合(というか先代のオーナーでもある母の場合。真似できないくらい細かいんです💦)『○○さんは、△△のが病気で×××とかの海藻がいいんだよね。今朝、採れたてを頂いたからお裾分けね!」とか言って、お客様データが頭に全てインプットされていて、細かく対応している。
とても、真似できない。関係性の深かさが桁違い。
おかげで、COVID-19など全く関係なく、皆さん毎日笑顔でご来店くださってます。昔ながらのパーマ屋さん😀

いま、老舗学から現代の美容院の商いに通ずるものを学び、文言にしている最中です。

いずれ、冊子かテキストに落とし込みます。それまでお待ちを!


その中で一つが、【依怙贔屓】でした。

常連さんと一般のお客様は、当たり前に別扱いされてます。

例えば、京都では言葉一つも『おいでやす』と『おこしやす』の違いとか様々あるようです。


いずれにしても、かかりつけ医としての【在り方】を食の面からもアドバイスを母はしていて、それを見て育った私は、今になって凄さを知りました。

銀座で働いていたアシスタント時代は、帰省してくるたびに『ダッセー』などと、悪態をついていました。

それでも、母は『そのうち分かるわよ』としか言いませんでした。

今『はい、遅ればせながら分かりました』


依怙贔屓する。

商いやるならば、当たり前なんですね。

全スタッフが、同じサービスを、同じクオリティで提供する。

自分は、現場から離れる。

やりたい方は、どうぞ。

それも一つの【在り方】だから。


私は、ハサミを置いたりしません。

パーマ屋なんで!

お客様と直接関われることが幸せなので。

仮に1億円の年収になって現場にいないなら、1千万円の年収で現場にいたいです。

美容師歴50年の母

(2020年6月現在は、51年目に突入)

いまだ、バリバリ現役です。

#生涯一美容師

最新記事

すべて表示

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増

あれもこれもやるからダメ

今回のお話は、シンプルです。 一人サロンのオーナーさんは、仕事も多岐にわたります。 そこで、全てを同時進行させるのは不可能です。 ですので、【仕事の整理術】です。 初めに、私の思考をお伝えします。 その昔、サラリーマン美容師の時は 【お金が欲しい】 この一点で、働いていました。 今は、というと… 私にしか出来ないことを求めて来る全ての人に、私にしか出来ない仕事を粛々とする。 です。 ここから、本題

特異性のある集中戦略

前回の『茨城弁無修正バージョン』の記事は、いかがでしたでしょうか? ・全く分からない。 ・言葉が乱暴な感じがする。 (あれでも、普通の日常会話です💦) など、ご意見があった様です。 ■ここから本題です マーケティング戦略と言われるものには、いくつかの種類と特徴(ターゲット別)があります。 大まかに分けると、以下の『3つの戦略』になります。 コスト戦略 差別化戦略 集中(独自化)戦略 コスト戦略

購読登録フォーム

029-263-5915

©2020 by ひとりぼっち美容室経営の法則。Wix.com で作成されました。