特異性のある集中戦略

前回の『茨城弁無修正バージョン』の記事は、いかがでしたでしょうか?

・全く分からない。

・言葉が乱暴な感じがする。

(あれでも、普通の日常会話です💦)

など、ご意見があった様です。

■ここから本題です

マーケティング戦略と言われるものには、いくつかの種類と特徴(ターゲット別)があります。


大まかに分けると、以下の『3つの戦略』になります。

コスト戦略
差別化戦略
集中(独自化)戦略

コスト戦略

■対象は、広い市場です。

例としては、ユニクロなどがそうです。

※VD(ヴァーティカルディスプレイ)縦型戦略と言われるものです。

特徴としては、デザインの種類は少なく色の種類を増やしコストを抑える。


差別化戦略

■対象は、広い市場です。

例としては、ZARAなどです。

※トレンドを意識したデザインの特異性を出して、単価を上げるものです。

しかし、ハイブランドほどの高単価な価格設定をせず、広い市場を狙います。


集中(独自化)戦略

■対象は、狭い市場です。

例としては、キュアフォース導入サロン様です。

※オーダーメイドや高級ブランドで、高単価で多売をしないものです。

お客様お一人お一人を診断して、オーダーメイドの施術と処方した商品をお買い上げいただきます。

店販商品やカラーなど施術の材料自体(モノ)ではなく、美容師の診断(コト)に価値が生まれるものです。

代替えが効かないので、高単価になります。


また、衛生管理自体でも、各サロンに差異が発生しております。

安全が、独自化のブランディングに一役かっております。

ご存知の通り、全国的にサロン数は飽和してます。

更に、人口の減少が顕著です。

そこへ、コロナが追い討ちをかけました。


販売数を広げるコスト戦略=【やり方】を追い続けて勝てるのは、1000円カット(現在は値上げしている様ですが)くらいです。

そして、そこの土俵へ個人店のオーナー様は、決して踏み入れてはなりません。

具体的な『狭いニーズに高く売る方法』は、個人コンサルでお伝えします。

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増

あれもこれもやるからダメ

今回のお話は、シンプルです。 一人サロンのオーナーさんは、仕事も多岐にわたります。 そこで、全てを同時進行させるのは不可能です。 ですので、【仕事の整理術】です。 初めに、私の思考をお伝えします。 その昔、サラリーマン美容師の時は 【お金が欲しい】 この一点で、働いていました。 今は、というと… 私にしか出来ないことを求めて来る全ての人に、私にしか出来ない仕事を粛々とする。 です。 ここから、本題

029-263-5915

©2020 by ひとりぼっち美容室経営の法則。Wix.com で作成されました。