細部まで最善を尽くせない人は○○○と○○が足りない

更新日:2020年7月17日

まず、自店がコモディティ化されている事を自覚する‼️

なぜ、現状が良くない事を何と無く感じているのに、どこを変えていいか分からないのか?

それは、汎用店になっている事を自覚していないからです。

理想と現状の差が明確になり、その差を埋める事がやるべき改善策です。

理想もおぼろげ、現状把握もおぼろげ。

改善されるわけがないですよね。


替えの効く店に、たまたま通ってくださっているだけのお客様に、高単価なメニューや商品は購入して頂けません。

ただ、サロンの【在り方】はコモディティ化されていても、スタイリスト個人への【信用】と【信頼】があれば別です。


独自性】と【専門性】を兼ね備えていればこそ、お客様はお金を等価として払って下さいます。

しかし、自信だけでは細部まで最善を尽くせません。

安心して油断するからです。

作業に対して慣れも出てきます。

故に、質も低下しやすくなります。

だから…

適度な【恐怖心】と【不安

が必要です。


適度な【恐怖心】と【不安】があるからこそ、適切な緊張感と向上心が保てます。


無いとは思いますが…


「長年来てくれているから大丈夫」

「親しくしてるから大丈夫」


という油断を排して、「何か新たな事を足す」より、今ある術や日常のサロンワークを深掘りする。

クリティカルシンキングをする。


次は「なぜ喜ばれるのか?」を可視化にしていく。

WHO(誰が)→WHY(何故)喜ぶのか?を明確にしてロジカルシンキングしていく。

言語化出来ていないものは、再現できませんから。



25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。 それは、【診断する】という事を意識する事。 すると、美容師に【威厳性】が生まれます。 勿論、分かりやすく説明する必要があります。 『インフォームドコンセント』と言うことになります。 現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。 と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。 そ

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格