診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。


それは、【診断する】という事を意識する事。


すると、美容師に【威厳性】が生まれます。


勿論、分かりやすく説明する必要があります。


『インフォームドコンセント』と言うことになります。


現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。


と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。


その際、ツールとして店販品を【処方】する。


例えば…『乾燥肌予防セット』などとする事で購入される方が増えると共に、購入品目も増えます。


貴方のために…という顧客が知るべき改善箇所(本人も知らない、気付いていない)をプロとして診断し、必要な【モノコト】を提供する。


次回の来店時に、『その後、如何でしたか?』という声掛けで【売りっぱなしにしませんよ】という想いを伝えると共に、実際の経過を診断していきます。


こうした地道な仕事が、信用へと繋がります。




13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増

皆んな1位になれます

皆んなが【テレビを見ている時】 私は【顧客感動施策を練っています】 皆んなが【寝ぼけ眼で布団の中にいる時】 私は【マーケティングの勉強をします】 皆んなが【酔っ払っている時】 私は【新しい可能性を模索します】 アインシュタインは、このように言っています。 『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』 我々の人生の主役は、【自分】です。 だから、自分の人生と言うレースは、必ず自

029-263-5915

©2020 by ひとりぼっち美容室経営の法則。Wix.com で作成されました。