資金(予算)投下基準

最終更新: 9月11日

①獲得予算>維持予算
②獲得予算<維持予算

貴方のお店は、①ですか?②ですか?


今の時代は、どちらが正解かわかりますか?

今までは、【購入】がゴールでした。


今は、【購入した後】がスタートです。


分かりますか?


まず、前提条件として…


・【モノ】→【体験】を買う時代。


・【比較】してから買う時代


ご自身も、どっちが安いか調べてから買いませんか?


CPA=コスト・パー・アクション

これは、顧客獲得単価と言われるもの。


一人当たりの集客にかかるコストです。


H◯B経由だと、リピート率が悪いと言われています。

※私は、H◯Bが必要ないから、やらないので分かりませんが💦


一人当たり¥5000掛かって、LTVが¥4000(リピートしない)の場合、来店してもー¥1000の赤字です。


これでお分かりのとおり、【獲得】施策を打っても、【リピート率】が悪いとマイナス要因でしかないので、【維持】施策の必要があります。


ここ(維持)に、資金を投下するべきです。


掛けるべきは、【獲得】<【維持】です。

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

あれもこれもやるからダメ

今回のお話は、シンプルです。 一人サロンのオーナーさんは、仕事も多岐にわたります。 そこで、全てを同時進行させるのは不可能です。 ですので、【仕事の整理術】です。 初めに、私の思考をお伝えします。 その昔、サラリーマン美容師の時は 【お金が欲しい】 この一点で、働いていました。 今は、というと… 私にしか出来ないことを求めて来る全ての人に、私にしか出来ない仕事を粛々とする。 です。 ここから、本題

経営感度ってご存知?

スタッフ雇用しているオーナーさんは、ご存知かとおもいますが『経営感度』って聞いたことありますか? 以前の職場で役職持って従事して売上も店内トップ! 『よーし、これなら独立だぁ!」 と、独立したはいいけど、利益が出ない💦 どこからやっていいかわからない🌀 これを、【経営感度が低い】状態と言います。 どこにテコ入れすれば、改善されるのか? 様々ある経営指標を算出して、改善ポイントを見つける。 一般

現状を打破するためにまずすべきこと

この記事を読まれているという事は、きっとあなたは、現状に満足していないのでしょう。 では、なぜ満足していないのでしょうか? 何が不満なのでしょうか?もしくは、不足なのか?過多なのか? それを打破するためには・・・まず「書く」ことをお勧めします。 すべて「文字」に起こすことで、頭の中が整理されていきます。 「不満」…思い通りの店舗運営ができない、家族との時間が取れないetc 「不足」…睡眠時間、お金

029-263-5915

©2020 by ひとりぼっち美容室経営の法則。Wix.com で作成されました。