過去のデータはいらない

更新日:2020年7月30日

■一人サロンのオーナー様を対象としております。

故に、スタッフを雇用していらっしゃる経営の諸先輩方には、『日常の当たり前』の話かと存じます。

ご容赦ください。

『新たな手を打つ』時に、何を基準にされますか?

やはり、過去の蓄積したデータをベースにされますよね。

では、同業他社はどうしているでしょう?

やはり、過去データから発想すると思いませんか?

規模が大きいサロンも同じでしょう。


という事は、市場占有率を考慮すると、商品やサービスの品質や特徴が平均化していく恐れがあります。

となれば、占有率の大きい方が勝ちます。

同じような品質や特徴で、値段を下げられたら即負けです。


また、お客様は『本音のニーズ』を教えてくれません。

『好き』と『欲しい』は、違う事も考慮しないといけません。


例えば…

私は、バスケ部でしたからバスケは好きです。では、最後にいつやったか?と言えば、20年くらい前です。好きならば、毎週やっているはずですよね?でも、言い訳をしてしない。だから、好きと欲しい(行動)は別なんです。

行動マーケティングで考えた時、【いかに予約をしてもらえるか】に注力するべきです。


その為には、間違ったペルソナの考え方を変えないといけません。

ペルソナの意味と使い方が間違っていると、成約率が上がりません。


脳科学&行動マーケティング戦略も、考慮したペルソナ設定を作る必要があります。

そうでないと【ただの妄想ペルソナ】でしかありません。


過去の【在り方】【やり方】の結果である【過去のデータ】は、無意味なんです。



19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増