陥りやすいこんな罠に注意

最終更新: 2020年7月18日

■このブログは、まだマネジメントやマーケティングをあまり学んでいない方、もしくは、多少知ってはいるけれど使い方が分からない方に向けてのメッセージです。

経営の諸先輩方は、周知の事実が大半ですので、お手柔らかにお願い致します。


集客に悩んでいらっしゃる方は、たくさんいらっしゃると思います。

様々な知識を、(主にWEBで)学んでいる事と思います。


私は、私の経験でしかものを話せません。

ですので、あらゆる方に適合する話ではないかもしれません。

しかし今回は、【これだけは話しておかないといけない】という話をします。


以下の注意点は、勉強熱心で、真面目な方ほど陥りやすい事でもあります。


①学びすぎて動かない

これは、情報のオーバーインプットによる弊害です。

知識が断片的、且つ、量が多すぎて、頭の中で整理ができずに、何をどこからやっていいか分からず、結局『行動しない』

というものです。

よくありがちな、勉強会マニアと呼ばれる方々です。

勉強会に行っては『それ知ってる!』を繰り返す方々です。


幕末の志士「吉田松陰」は、こう述べています。

知行合一

【知って行わないのは、未だ知らない事と同じである】という意味です。


②ノウハウマニア

「ノウハウ」や「ハウトゥー」とは、誰が対象だか分かりますか?

それは、素人です。

ある見方をするならば、技術はプロでも経営者としては素人、という方もいらっしゃるかもしれません。

経営者の仕事は、多岐に渡りますが、特に必要なスキルは【マーケティング】とも言えます。


何故ならば、現場で売上を上げる収入は、あくまでも【労働者収入】だからです。

それは、肩輪でしかありません。

仮に、とても優れた大工道具があるとします。しかし、設計図がありません。

さて、家は建ちますか?

建ちませんよね。


道具の性能を磨くのは、大切です。

使い方も熟知しているでしょう。

しかし、肝心の設計図が無いと家は建たないのです。


大工さんが、ノウハウ本を見て貴方の家を建てていたら、不安じゃ無いですか?


それを、当たり前にやっていることになります。

【当たり前を疑う】=クリティカルシンキング

少し強い言葉になりましたが、事実、そういうことです。


流行りの商品やサービスには、寿命があります。

これを【プロダクトライフサイクル】と言います。


例えば…

・昔、ポケベルというのがありました。

当時、ポケベルが無くなると、誰も思っていなかったでしょう。

でも、「製造 流通 販売」業界ごとなくなりました。


いずれ、スマホも無くなると言われています。

これが、商品寿命【プロダクトライフサイクル】です。


ある特定のもの自体を主体にしていると、寿命と共に無くなります。

間違いなく無くなります。


しかし、【在り方】が主体になってると、髪と頭皮のメンテナンスなので、無くなりません。


大切なのは、小手先の「ハウトゥー」や「ノウハウ」ではなく、【在り方】です。

貴方でなくてはならない「モノコト」です。

その時々の流行りをどう使うか?

どう取り入れるか?

まずは、【設計図=在り方】を学びませんか?


お問い合わせ、おまちしておりますね。




42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。 それは、【診断する】という事を意識する事。 すると、美容師に【威厳性】が生まれます。 勿論、分かりやすく説明する必要があります。 『インフォームドコンセント』と言うことになります。 現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。 と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。 そ

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格