非常事態にこそ

最終更新: 2020年7月18日

今回のCOVID-19で、改めて【在り方】の重要性が顕著に見えました。


「顧客の為、社会の為、スタッフの為、自分と家族の為、自粛しました。」


というセリフを、あちらこちらで耳にしました。

しかし、世の中には、非常事態にこそ信用と信頼でお客様と変わらぬお付き合いができたサロンもあります。

勿論、可能な限りCOVID-19対策を施した上での事です。



■お客様の「4つの権利」

1.知る権利
2.要求する権利
3.選択する権利
4.安全の権利

これは、美容師がお客様とコミュニケーションを取るときに、死守しなければならない「お客様の持つ4つ権利」です。


そして、この騒動の渦中でも、変わらぬお付き合いができたサロンは、恐らく周知徹底してお客様とサロンが共有できていたからだと思います。


利益を出す【やり方】が悪いのではありません。

勿論、【やり方】が無いと商いになりません。

ただ、【在り方】→【やり方】のバランスだと思います。


この4つの権利を、各サロンで深掘りして、独自のものとし、最終的にお客様とサロンが共通認識できたとき、関係性に深みとコクを築けるスタートラインに立てるのだと思います。


付け焼き刃が、脆くも剥がれ落ち通用しないことが露呈した、今回のCOVID-19。


何度も言っている【在り方】の意味は、ここにあります。

あなたのお客様と自店が、社会の中で必要とされ、地域の灯台の如く輝くことを願ってやみません。


私は、この【在り方】など業界に一石を投じ、0→1にした『のりこ美容室』の前田秀雄氏の声を、後世に伝えるのは現在の我々の責務だと捉えて、皆様のお役に立てればと思います。


お問い合わせ、お待ちしてますね。




26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。 それは、【診断する】という事を意識する事。 すると、美容師に【威厳性】が生まれます。 勿論、分かりやすく説明する必要があります。 『インフォームドコンセント』と言うことになります。 現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。 と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。 そ

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増