【不】の排除

更新日:2020年7月17日

■一人サロン専門のコンサルタントをしておりますので、内容もスタッフを雇用しているサロン様には通じない話もあるかと思います。

予め、ご了承ください。

【不】を排除する

トラブルの元になる指示系統も無くて、今すぐにでも新しいことが始められて、利益は独り占めできる【あなたの店】ですが、顧客目線で見た時に、たくさんの【】が潜んでいるのに気が付いてますか?


【不】の掛け算

次の中で、いくつの【不】をお客様が抱いていると思いますか?

不安

不満

不足

不便

不快

不信

不潔

不実


上記の【不】に、それぞれ「コアサービス」と「フリンジサービス」の様々な内容を細かく掛け算します。


例えば

・不満×コアサービス(カラー施術による髪ダメージ)


・不満×フリンジサービス(施術の意味は話さないのに、プライベートな事はズケズケ聞いてくる無神経なトーク)


など。


今は、良いですが…

これは、何か一つに秀でた『よく出来た仕組み化フランチャイズ店』が、自店の商圏に参入してきた時に露呈します。

そして、その時になって気が付いても、既に遅いです。手遅れです。

大概、そういったフランチャイズ店は、WEB集客に長けています。

それ故に、一人サロンは【依怙贔屓】と【不の解消】をセットで実現していないと、参入の障壁が出来ておらずに顧客を奪われる羽目になります。


あなたから買いたい
あなたにこそ、私の髪を任せたい

という魅力が確立されていないと、これからの人口減、コロナなどで接客数減などの状況の中では、家賃などの固定費がない、自宅で営業される一人サロンですら生き残るのが厳しいです。


例えば、当サロンケース。

お店の距離が遠い方は、神戸から茨城県ひたちなか市までご来店くださいます。

その他、多くの他県の方々がご来店下さいます。

しかし、なぜそこまでの距離を移動してまで、ご来店して頂けるのか?


一つは、【依怙贔屓】です。

もう一つが、お話しした【不】の排除です。

私の施術で、お客様の頭が動くことは、まずありません。

少なからず、センチ単位では動かないです。

だから、頭皮や根元が【痛くありません】し、コーミング等での【物理的損傷】も少ないです。

これも、【】の排除の一つです。


ノートに、コアとフリンジの【】を書き出してみては、いかがですか?




16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増