三違い

最終更新: 9月26日

初めに、ターゲットの話です。


ルイヴィトンの【ターゲット】って誰だと思いますか?


富裕層?


いえ、違います。


中間所得層です。

では、【売り物】は?


歴史?クオリティー?デザイン?


いえ、違います。


優越感です。

今日は、少し私の店の話も【ぶっちゃけ】情報開示して話します。


【経営で苦戦してるオーナー様】の多くは、3つの勘違い【三違い】をしています。


①人違い(ターゲット)

可処分所得や税別、年齢など無意味な区別で分けて、本質的に求めている人じゃない人に向けて仕事をする間違い。


Q、花が好きな人だけ花屋に行くの?


プレゼント🎁で、花💐を買いに行く男性もお客様ですよね。


②勘違い(ニーズ)

あるアンケートで、スタバがマックにコーヒー☕️の味で負けたことがありました。

しかし、スタバは味の改良などの施策を全くしませんでした。


Q、マックに味で負けたスタバは、何故、味の改良をしなかったのですか?


サードスペース(職場でも家庭でもない第3の場所。使い方は、リラックスや仕事や勉強など)がウリだから。

③売り違い(コミュニケーション)

お客様が、店側から【創業◯◯年です】と聞かされても、『へぇ〜、すごいね』で終わりです。

【特許取得】と聞かされても、『へぇ〜、凄そうね』で終わりです。


Q、お客様は、権威性や特化のみを求めているのですか?


権威性は、裏付けや後押しにはなるかもしれませんが、本質的なコミュニケーション策としてはズレています。

求めていないものを売っていませんか?

顕在心理だけを見ていると、表面的な施策になり、行き着くところは価格競争です。


潜在心理を探り、仮説を立てて行く。


本質的な悩みを深掘りして、こちらが先に気付いてあげて提案してあげる。


潜在的な見えない【不】を、顕在化してあげる。


そして、現在(不)と未来(理想)を…。


ここからが、肝心ですよ。

◯◯◯◯で繋いであげる。


この、◯◯◯◯が大切。


答えを知りたい方は、ご連絡ください。


※でも、自問自答した方が身になりますよ。


それに、すぐ答えを外に求める習慣は、ご自身の為にも、やめたほうがいいです。

私のHPには、【艶髪専門店】と記載してあります。


通常、艶髪専門店と名乗れば、どういう方々が来店されるか?想像つきますよね?



実際は、【頭皮と髪の悩みを解決】して、【パーソナルデータをもとにファッションとヘアーをリンクさせてコーディネート】する、


【診断付きのスキャルプ&ヘアーコーディネートライフサロン】

です。





ここまで、内情をバラすのは初めてですが、近所の店はどうせ真似できないから構いません。


このスタイルのサロンの場合、ペルソナに性別や所得は必要ですか?

いらないですよね?


逆に、お客様を狭めてしまう可能性の方が大きいと思いませんか?


今、貴店で設定しているペルソナって、本当に必要ですか?

お客様のニーズを間違えていませんか?

売り場を間違えていませんか?


あっ、そうそう。

じぁあ、何故【艶髪専門店】と名乗っているのか?

それは、長さにかかわらず【艶髪】が、女性の理想(ゴール)だからです。


私にとって【在り方】の答えは、ここにありました。

↓↓↓

『ちっちゃい美容室のでっかい革命』

前田秀雄著

32回の閲覧

最新記事

すべて表示

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増

仕事は作り出すもの

いつの世の中も、人のお役に立てるものは必要とされます。 なくてはならない存在である事が大切というのは、周知の事実です。 では今の世の中は、何か必要とされるのか? 情報が溢れている時代に、何かを選択することは、大変難しいと言えませんか? 何が正しい情報なのか? どれを選べばいいのか? 人々は、困惑することも多いのではないでしょうか? そして、我々美容師は、髪を通して如何なる価値を提供しているのか?

029-263-5915

©2020 by ひとりぼっち美容室経営の法則。Wix.com で作成されました。