お客様は患者様

更新日:2020年7月18日

チラシ、HP、SNS、メルマガ、PPC様々なものを組み合わせたりして、WEB集客をしていらっしゃる方も多いと思います。

私も、ゼロではありません。

客数のコントロールテストする時に、SNS広告とかPPC広告などを使うときもあります。

事実、ホームページを見てご来店くださる方もいらっしゃいます。


でも最近、思う事があります。

『上客さんたちの喜んで下さる理由が、叶えられた分だけ、ご新規さんを紹介して下さるんだなぁ。明確にしておいてよかったなぁ。』


そうです、私のお店のご新規さんは

ほぼ【ご紹介の口コミ客】です。


なので…

・リピート率(2回目の来店がある方)は、95%です。

・定着率(半年以内に3回来店される方)は、93%です。


髪のかかりつけ医なので、様々な症状の方を紹介して下さいます。

大体、こんな感じで紹介して下さいます。


『この方、〇〇で悩んでるみたいだから、先生診てあげて下さる?あとは、本人に聞いてぇ』


WEB集客全盛期の今、【口コミかよ】という方が多いんでしょうね。

『支払いがあるから、そんな悠長な事言ってられないんだよ。』

などと、お叱りを受けそうです。


コロナショックで、クーポンサイトからの割引客の不安定さは証明されましたから、頼る事自体間違いでしたね。


当店は、コロナがあっても閑散期にならず自粛もせずに相変わらず昨年比120%でした。


上記の紹介時の決まり文句に加えて

『先生のところは、衛生管理がバッチリだし1人でやってるから安心よ!靴の裏まで消毒するからね

です。


僕は、月の接客数と売上上限を設定しているので、仕事の浮き沈みがないです。

粛々とさせて頂くだけ。

はたから見たら暇人です。

※読書かDIYかドライブしてます。



【髪のかかりつけ医】というポジショニングを取れたら、説得力が違います。

物販率、再来店率、単価、新規数、来店周期、すべてに影響します。

何故なら、これらは私が責任を持って決めるからです。

お客様に決める権利は与えてません。

スタッフ雇用されている方には、人時生産性に直で影響します。



母は、昔からお客様に『先生』って呼ばれていたのを覚えています。

今は、『大(おお)先生』と呼ばれてます。

いま、『先生』と呼ばれるのは私です。


これからの時代、「確実な立ち位置」と「深い関係性」が、大切なのかと思います。



13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

診断からの店販

カウンセリングを充実させるのに大切な事。 それは、【診断する】という事を意識する事。 すると、美容師に【威厳性】が生まれます。 勿論、分かりやすく説明する必要があります。 『インフォームドコンセント』と言うことになります。 現状の診断結果を説明して、それに対する対策(施術)を、【お客様と同意のもと】決定する。 と言うことは、素材の補修と維持管理をホームケアから【本人に関わってもらう】という事。 そ

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格