ONE to ONE

マーケティングの分類には、【マス】と【ミクロ】があります。


また、【ミクロ】にもさらに細分化した【エリア】【セグメント】【ニッチ】そして、今回のお話の【ワン トゥ ワン】があります。

この【ワン トゥ ワン】は、小さい規模のサロンの【在り方】を考えた時、細部にまで適応させる事で自店を【独自化】させる事が出来ます。


勿論、容易なことではありません。

それに、一度作り上げて終わりではなく、アップデートし続ける茨の道でもあります。


それに、モデルとなる他店の【やり方】だけを真似して取り入れられない、という特徴もあります。


何故ならば、そのサロンの顧客が違う、技術者のスキルが違うなど、各々の条件によって全てカスタマイズしなくてはならないからです。


しかし、これからのサロン運営で、強みになります。


まず初めにする事は、今のサロンワーク全てを疑う事です。

クリティカルシンキングです。


・集客

・衛生管理

・声がけ

・施術時間

・メニュー構成

・材料

・経費

・営業時間

・タオルやクロスの素材、色

・店内BGM

などなど。


次に、改善点の有るべき姿と現状のギャップの把握。


深化、進化、細分化、廃止、変更など、どの項目をどうするか?


今こそ、一つ一つを明確にして見直す事をオススメします。


そして、全てを言語化してはいかがですか?

ロジカルシンキングです。


言語化すると、なすべき行動が明確に見えてきます。


肝心なのは、【今日の行動計画】まで落としむことです。

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増

あれもこれもやるからダメ

今回のお話は、シンプルです。 一人サロンのオーナーさんは、仕事も多岐にわたります。 そこで、全てを同時進行させるのは不可能です。 ですので、【仕事の整理術】です。 初めに、私の思考をお伝えします。 その昔、サラリーマン美容師の時は 【お金が欲しい】 この一点で、働いていました。 今は、というと… 私にしか出来ないことを求めて来る全ての人に、私にしか出来ない仕事を粛々とする。 です。 ここから、本題

特異性のある集中戦略

前回の『茨城弁無修正バージョン』の記事は、いかがでしたでしょうか? ・全く分からない。 ・言葉が乱暴な感じがする。 (あれでも、普通の日常会話です💦) など、ご意見があった様です。 ■ここから本題です マーケティング戦略と言われるものには、いくつかの種類と特徴(ターゲット別)があります。 大まかに分けると、以下の『3つの戦略』になります。 コスト戦略 差別化戦略 集中(独自化)戦略 コスト戦略

購読登録フォーム

029-263-5915

©2020 by ひとりぼっち美容室経営の法則。Wix.com で作成されました。