To do

貴方にしかできないことに価値がある‼️

と前回のブログでお伝えしました。


今回は、その続編です。

具体的な行動(To do)へと落とし込む。


その思考法をお伝えします。


私のブログは、私自身が自店でやっている事しかお伝え出来ません。


ですので、勿論【実証済】です。


ただし、この【思考法】+【ピボット思考】が、結果を出すのには必要です。

では、行きます。


1、解決する項目を決める

※売上、単価、来店サイクル、新規数など


2、現状(As is)を洗い出し、数字に起こす

3、目標値(To be)を設定する

※【As is】と【To be】の差が、具体的な行動プランである【To do】を抽出する元となります。


4、大要素を抽出する(要因)

5、中要素を抽出する(原因)

※ただし、必ず「3つ」抽出する。

3つの理由もありますが、今回は省きます。


6、中要素まで細分化すると、何をすべきかが見えてきます。これが、【To do】です。

※逆に言えば、【To do】が見えないようでは論点がぶれているか、抽出が間違っています。

いかがでしょうか?


現状と目標値をみて差異を洗い出し、問題解決策を見つけ出す。


メリットは、解決するべき項目と解決策がミスマッチになるのを防げることです。


これは、私の対象外ですが…。

スタッフがいらっしゃるサロン様は、この【To do】にインセンティブをかけて、更に【PL】にまで落とし込めるとKPI管理が楽になりますよ。

是非、ご活用ください。、


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

43:1

表題の数字をご存知ですか? これは、顧客ライフサイクルに関する数字です。 分解すると… 購入前と購入後の注力度合いの事です。 購入前(集客時)に対して、購入後(来店後、顧客になってから)は、43/1しか力も意識も資金も注がない。 マーケティングやセールスも使う対象が【新規】ばかり。 顧客になった途端、カルテナンバーで管理されてしまう。 再来店率が大切と言われていますが、贔屓客になっていただき、末長

【投資】or【浪費】

倒産件数が増えています。 起業があれば、倒産もある。 市場とは、そういうものでしょう。 やっぱり、キャッシュがものをいう。 合法的に、キャッシュを集められるだけ集めておいた方がいい。 黒字倒産も回避できるし。 また、浪費と投資の違いを履き違えているのも、多く見受けられます。 Q、¥1980のマッサージ店に行くのは? A、浪費 投資は、¥19800のマッサージ店にいって、何故、安価な店の10倍の価格

失敗より怖いものがある

皆さんは、最近失敗しましたか? 『いやっ、失敗なんてしないから』 『失敗は、イヤだから』 そうですよね、怖いですよね。 以前、返金保証の話をFacebookでしました。 残念ながら、ご満足頂けず返金することになった。その返還率が低いのは、顧客満足が高いのでは無く、市場のシェア率が低いだけで、集客(購買)が不足している証拠。 という内容でした。 失敗の数も、似たようなことが言えます。 行動の母数が増